青い卵「アローカナ」は中まで青い!?絶品卵がお手頃価格で買える、かわいい卵自販機に行ってみました。

最高のカフェ食材

君津市はアローカナの産地

ども〜( ^_^)/~~~東ノハテノ国のてんちょです。

カフェメニューに、卵を使った料理がとっても多いお店です。

今日は料理に使用させていただいている、うっすら青色の絶品卵「アローカナ」をご紹介します。

アローカナとは

アローカナは南アメリカ原産の鶏。

卵の大きさは少々小粒。

なんとこの鶏は「水色」や「緑色」の卵を産みます。

アローカナの生産農家

アローカナが産む青い卵を生産するのは、

君津市の小櫃(おびつ)という場所で養鶏業を営む、鳥飼農場(とりかいのうじょう)さん。

とりかいさんちのたまご という商品名で有名です。↓

http://torikai-farm.com/access.html

鳥飼(とりかい)さんという名字と、養鶏業を営んでいることは偶然の一致とのこと。

偶然だとしても面白い!

ここ君津市は、千葉県の中でも屈指の養鶏業が盛んな場所です。

君津市の直売所では、白身も黄身もプリプリな新鮮卵を毎日入手するとこができます。

 

アローカナは箱入り販売

かわいい箱入り販売スタイルは、創業当時からの名残。

その昔は卵をカゴに乗せて、秤に乗せ、測って売るスタイルだったそうです。

もちろん、よく見かける蓋つきの卵パックもありますが、

箱に入って並んだ卵。すごく可愛いと思いませんか?

アローカナの色と味は?

「アローカナ」と「赤玉」の卵と比べてみると、、、

ほんのり水色。

では早速茹でてみましょう!

グツグツ

キッチンの光のせいか分かりにくいかもしれませんが、

かなり水色です!

ちょっと柔らかめに茹でました。

 

殻を剥いてみると、なんとほんのり白身が水色でした!!!

そしてプリプリ〜!

初めて水色の白身を見たてんちょ〜

すっごい驚いております。

さー!食べてみましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました